Coconut Kernel Shell

ココヤシの殻について

ココナッツ(ココヤシの実)は、古くから(オイル、ミルク、パウダー等の)食品として広く利用されています。
また、カーボン含有率が非常に高いため、その殻( 内果皮 )は活性炭の原料として利用されて来ました。
それは、高熱量で高品質な燃料となりうるという事を意味しています。
ココナッツは生育が早く、(同じ木から)3ヶ月毎に収穫でき、1本の木から(1回あたり) 50~70 個の実を収穫できます。(再生サイクルが早い)
また、ココナッツの農産物としての収穫量は6000万トン年以上とされ、その内、燃料に適した部位(内果皮)は重量比12%程度であり、720万トン/年以上となります。
この様な事から、ココナッツの内果皮( Coconuts Kernel Shell 略して“CKS”)は、多量に継続的に生産(排出)され、安定的に供給できると考えられます。

※実の内部の堅い殻の部分を燃料に使用します。

この部分はヤシの実全体量の10~12%(重量比)です。
※実全体重量の計量は収穫直後、CKSは乾燥状態(含水率10%以下)で計量。

CKSの熱量・成分分析結果

CKS熱量実測値(原産国:フィリピン)
・高位発熱量 5,000Kcal/kg
・低位発熱量 4,690Kcal/kg

・灰分   0.4wt%
・ナトリウム     330mg/Kg
・カリウム      2,000mg/Kg
・全クロム    <0.5mg/Kg
・全水銀 <0.05mg/Kg
・全水分  11.2%

CKS(ココナッツ内果皮)は、発熱量が高い上、灰分が少ないのが特徴です。

CKS熱量実測値(原産国:タイ1)
・高位発熱量 5,070Kcal/kg
・低位発熱量 4,730Kcal/kg

・灰分   0.7wt%
・ナトリウム     640mg/Kg
・カリウム      3,500mg/Kg
・全クロム     2.4mg/Kg
・全水銀 <0.05mg/Kg
・全水分  10.8%

CKS熱量実測値(原産国:タイ2)
・高位発熱量 4,910Kcal/kg
・低位発熱量 4,570Kcal/kg

・灰分   0.9wt%
・ナトリウム     760mg/Kg
・カリウム      4,000mg/Kg
・全クロム     6.0mg/Kg
・全水銀 <0.05mg/Kg
・全水分  9.1%

Production & Supply

生産量と供給量

ココナッツの農産物としての収穫量は6,000万トン/年以上とされ、その内、燃料に適した部位は10~12%程度であり、約600~720万トン/年以上となります。
当社の供給量としましては当初、フィリピン・タイ及び周辺国より、10,000~20,000トン/月程度とし順次増量する計画です。

生産国 生産量 CKS量 予測輸入可能量
フィリピン 約1,500万トン/年 約150~180万トン/年 約22~27万トン/年
タイ 約100万トン/年 約10~12万トン/年 約6万トン/年(周辺国含む)



Shipping method

輸送方法について

輸送ルート

基本的には、積み出し港から、日本のご指定港までの効率的なルートですが、要求量や船のサイズ等により、途中積載の可能性もございます。
また、ご指定港によって船のサイズに制限がある場合もありますので、詳細打ち合わせが必要です。

輸送方法

ばら積み船が基本となりますが、試験燃焼等、少量の場合はコンテナによる輸送方法も可能です。
容量の目安は40Ftコンテナ1本で25~30t程度の輸送が可能です。

contact us

お問い合わせ

土地・建物の調査・測量から登記手続きまで
お困りの際は、お問い合わせください。

059-329-5550

営業時間|8:30~17:30

メールでのご相談はこちら

Copyright (c) 株式会社シーエス. All Rights Reserved.